フェースグループについて

歴史・沿革

1985

株式会社ザ・ワールド設立

社会状況

1977~1981年 化粧品公害訴訟

1987

株式会社フェース設立

1988

第1次スキンケア革命

合成界面活性剤からの離別
ゲル化粧品の開発パイオニア

株式会社フェースコスメティック設立
ゲル化粧品「ビオソーム」誕生

第2次スキンケア革命

有効成分を角質層内に入れる
ナノカプセル化粧品

1988年 訪問販売法改正

1991

有限会社ザ・ハーバル設立

1993

有限会社エセックス設立 補整下着の販売開始
直営エステティックサロンをスタート
「外面」「内面」「精神面」の三美容を提案
シンガポールへの海外輸出開始(パシフィックフェース)

1994

株式会社ザ・グローバル設立
株式会社ザ・パウゼ設立
「インシスト」メイクアップシリーズ発売

1995

敏感肌専用化粧品「アトシステム」発売

1995年 PL法施行

1997

九州支社設立
アメリカへの海外輸出開始(パウゼアメリカ)
九州支社設立

1999

活性酸素を生まない化粧品「ノープロデュース」発売

2000

第3次スキンケア革命

お肌の老化を促進する活性酸素を消去
活性酸素を生まない化粧品「K.S.A法」

活性酸素を生まない化粧品「ノンオキシー」発売

2000年
容器包装リサイクル法施行

2001年 全成分表示スタート

2002

本社を大阪市中央区の自社ビルへ移転
東京支社設立

2003

日本独資の会社「上海ノーオキシ貿易有限公司」を設立
日中合弁会社「上海誠美化粧品有限公司」を設立
ナノとイオンのテクノロジー 基礎化粧品シリーズ「ベクティーナ」発売

2004

名古屋支社設立
補整下着「ロマンスシェレーヌ」改良発売
美容機器「セルベスターΣ」発売
一般市場に事業拡大

2005

フェースエステティックアカデミー開校
ホームケア専用美容機器「セルベスターパーソナル」発売
美容ドリンク「ビューティドリンク CoQ10」発売

2005年 改正薬事法施行

2006

直営専用基礎化粧品シリーズ「エルフィン」発売
フェースエステティックアカデミー九州校開校
グループ内の統合と組織再編の為社名を変更

2007

日中合資会社「上海誠美化粧品研発有限公司」設立
創立20周年

2008

ニキビ肌専用化粧品「アクノピュア」リニューアル発売

2009

第4次スキンケア革命

外からと、内から角質層内を整える
「角質層内ラメラ美容法」の確立

オリジナル成分「フェース生コラーゲン」を開発し、外からと内から(角質層内)のラメラ構造を整える 「ラメラ美容法」を確立

角質層内のラメラ構造を整える基礎化粧品シリーズ
「フェース ラメラモード」発売
「フェース ラメラベール」発売

2010

基礎化粧品シリーズ「リポソード」発売

2011

ラメラ理論メイクアップシリーズ「フェース インシスト」発売

2012

創立25周年
直営サロン屋号「パウゼ」を「ザ・フェース」に変更
「オキシワン エッセンスドリンク R」発売

2013

フェースゼラチンコラーゲン配合
「フェース ラメラベールEX」リニューアル発売

2014

「スリムフォース コタラヒム ダイエットゲル」発売
「フェース ラメラモード プレケアエッセンス C」発売
フェースコスメティックス アメリカ設立

2015

W特許取得

フェース生コラーゲン、フェースゼラチンコラーゲンで製法特許を取得

「フェース生コラーゲン」「フェースゼラチンコラーゲン」は、普通なら皮膚の角質層に入らないコラーゲンを、塗るだけで浸透させることができる画期的な機能を有しています。また、フェースグループが提唱する「角質層内ラメラ美容法」を実現するための根拠成分となっています。

メイクアップシリーズ「フェース インシスト シャイン」発売

BACK TO TOP