フェースグループについて

メッセージ

皆さまと共に発展するために 美しく、健やかに、生きるために
CEO メッセージ
COO メッセージ

フェースグループのはじまり

1977年、粗悪な化粧品によって肌に重大なトラブルを受けた女性が起こした化粧品公害訴訟。CEO 小島 豪は被害者の女性の肌の惨状を知り、非常にショックを受けました。この訴訟をきっかけに、小島 豪は「女性が本当に美しくなれる化粧品を作らなければ!」という使命感に燃え、フェースグループを設立しました。

その後1979年には、日本消費者連盟より「危ない化粧品」という書籍が出版され、当時の化粧品業界は騒然となりました。この「危ない化粧品」の内容もまた、小島 豪の「化粧品とはどうあるべきか?」という信念となり、フェースグループの化粧品開発の原動力となったのです。

「女性はきれいになりたいから化粧品を使う。それならば本当にきれいになる、肌に結果が出る化粧品を作るのがメーカーとしての使命である。」

創業より約30年、フェースグループは小島 豪のこの精神を貫いています。

BACK TO TOP