フェースキーワード

ゲル化粧品

フェースグループがいち早く着目した、
合成界面活性剤(*1)や油分を使わない、ゲル製剤。

・一般的な化粧品は、皮脂の補給のための「油分」と、有用成分を主体にした「水分」、さらにこの油分と水分を均一に混ぜ合わせるための「合成界面活性剤(乳化剤)」を使用しています。これが乳化製剤の化粧品です。

乳化製剤の化粧品

gel-01.png

・乳化製剤は、肌表面を油膜で保護し、肌から水分が蒸発するのを防いでいるが、角質層内のラメラ構造(*2)を整えることができないため、時間とともに油膜がなくなったり、洗い流されたりすると、元の状態に戻ってしまいます。

・「ゲル」は化粧料基剤としての安定性と安全性に優れており、水溶性の有用成分を大量に保持できると共に、合成界面活性剤を使用する事なく、ある程度の油性成分をも保持することができます。

ゲル製剤の化粧品

gel-02.png

・フェースグループはこの「ゲル」という成分にいち早く着目。1988年にゲル化粧品「ビオソーム」を発売した「ゲル化粧品のパイオニア」といわれています。

・フェースグループの化粧品技術進化の始まりは、このゲルベースの無添加処方です。

【関連リンク】

>歴史・沿革

  • *1 親水基・親油基とも石油起源の化合物から成る合成界面活性剤
  • *2 水分と皮脂によって構成された角質層の構造

BACK TO TOP