事業内容

化粧品企画・開発

無添加にこだわり、お客さまにさらにご満足いただける
高品質な商品の開発に努めて参ります。

美しくなるための化粧品を使ってお肌が真っ黒になったという1977年の化粧品訴訟をきっかけに、フェースグループでは無添加で安全な化粧品にこだわり続けました。
安全性だけでなく、お客さまにご満足いただける化粧品を開発するため、常に最新の技術や成分を取り入れ、時代の流れとお客さまのニーズを反映し続けています。

フェースグループ化粧品のこだわり

ゲルがベース

ゲルがベース

フェースの化粧品は、真皮を満たしているヒアルロン酸等と同じゲルをベースとしています。

ゲル製剤は化粧品基剤としての安定性と安全性に優れており、水溶性の有用成分を大量に保持できると共に、合成界面活性剤(*1)を使用する事なく、ある程度の油性成分をも保持することができます。

こだわりの無添加

こだわりの無添加

合成界面活性剤・パラベン・フェノキシエタノール・エタノール(*2)・鉱物油・色素・香料無配合
※一部メイク品は除きます

成分へのこだわり

こだわりの無添加

「肌に直接触れる化粧品には、古くからなじんできた天然のものを使用することが、人間にとって心地良く、安全である」と考え、天然由来成分へのこだわりを大切に商品をつくっています。界面活性剤は、化粧品をつくる上で必要不可欠なものですが、合成界面活性剤は作用が強く、肌荒れ等の原因にもなる可能性があります。また、一部合成の成分も使用していますが、各成分の自社テスト『K.S.A法』を行い、この試験法において活性酸素の発生が観測できなかった成分のみを使用しています。

この方法をご教示くださった、同志社大学名誉教授・西岡 一先生に感謝いたします。

西岡 一先生について

成分記載について

化粧品に使われている成分は、化粧箱の側面やサンプルカード等に製品ごとに全て記載しています。

これは、アレルギーを起こした場合に医師がどの成分に反応しているかを調べる上で、より的確な判断を行うためのものです。また、医師からの情報をもとに、アレルギー等の皮膚障害を起こす恐れのある製品の使用を自ら避けることができます。

プライベートブランド商品企画

製品開発はもちろん、
その後の販売戦略までトータルでサポートします。

プライベートブランド商品企画

フェースグループの化粧品へのこだわりにご賛同いただいた企業に、その企業の独自のこだわりをプラスアルファし、一般流通商品と差別化された、これからの戦力となる化粧品を一緒に開発します。スーパーやドラッグストアでさまざまな化粧品が安く販売されるようになった今こそ、お客さまを納得させる、差別化できる商品が求められています。また、プライベートブランド商品は中間流通業者が不要になる上、自社オリジナル製品ですので、利益が出ると好評をいただいております。

製品開発はもちろん、その後の販売戦略までトータルでサポートいたします。化粧品のほか、ヘアケア・ボディケア用品、健康食品もお任せください。

  • *1 親水基・親油基とも石油起源の化合物から成る合成界面活性剤
  • *2 エキス抽出用エタノールを除く

BACK TO TOP